アートメイクが刺青だったとは知りませんでした

リスクが認知され適正な施術ができる医療機関が増えてほしい

よく考えれば一度行うと簡単には消せませんし、皮膚に直接入れるわけですからその通りなのでしょう。
結構大変なことをしたのではないかと、今になっても感じています。
化膿をしたことが本当にダウンタイムだったのか、正直判断が難しい部分はあります。
とはいえ実体験を色々な場所で調べてみても、トラブルの多い施術なのは判りました。
どうやら医療機関で受ける必要もあったようで、サロンで受けてしまったこともまた大きなミスだったのかもしれません。
無知から被ってしまった事態、それでも憧れを持って自ら受けたのは私です。
きっと私と同じように便利そうと捉え、その後後悔した人も多いのではないでしょうか。
もっと様々なリスクも同時に認知され、少しでも適正な施術が出来る医療機関が増えることを願います。
現在の私の眉毛は、中途半端な状態で残っています。
これがアートだと思い出す度に、今回お話しした経験も思い出しています。
痛みを伴いはしましたが、良い勉強になりました。

アートメイクを知りサロンで眉毛の施術を受ける術後に腫れたり化膿したりして後悔リスクが認知され適正な施術ができる医療機関が増えてほしいアートメイクで理想の眉を手に入れました。